茨城県で外壁塗装・雨漏り修理・屋根、瓦工事なら丸昌ハウジングへ

株式会社 丸昌ハウジング

〒311-3116

茨城県東茨城郡茨城町大字長岡3658-4

TEL:029-291-1774

FAX:029-292-7950

丸昌ハウジング会社ロゴ

お問い合わせ点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お悩み・ご相談お電話ください!

0120-915-620

[お電話受付時間] 9時~18時まで受付中

↓簡単30秒でお見積り↓

メールでお問い合わせ

屋根修理・改修

屋根材の種類

     
瓦(和瓦、平板瓦等) 化粧スレート
瀬戸瓦 コロニアル

瀬戸瓦、土瓦

カラーベスト、コロニアル

    長所

  • 初期費用はかかるが、メンテナンス料があまりかからないため、長期的にリーズナブル
  • 断熱性に優れている
  • 短所

  • 重いため、家の荷重が大きくなり、地震などの際は不利
  • 価格が高い

    長所

  • 初期コストは瓦より安い
  • 軽量であるため災害に有利
  • 短所

  • 定期的に(10年毎が目安)に塗り直す必要がある
  • 通気性が悪い
  • 断熱性が悪い
金属屋根 人工スレート
ガルバリウム鋼板 波板

ガルバリウム鋼板、トタン板

波板

    長所

  • 軽量である
  • 緩めの勾配でも可能
  • 短所

  • 年数が経つと見た目が悪くなる
  • 通気性が悪い
  • 遮音性が悪い

    長所

  • 初期コストが安い
  • 軽量であるため災害に有利
  • 短所

  • 定期的に(10年毎が目安)に塗り直す必要がある
  • 通気性が悪い
  • 断熱性が悪い
  • 葺き替え 住まいの耐久性を向上させる「葺き替え」


    料金 : 1万円~/1平米

    「葺き替え」は、すでにある屋根材を処分し新しく付ける工法です。古くなった瓦やセメント瓦、金属屋根によく使われます。 古くなった瓦やおおよそ20年以上経ったセメント瓦や金属屋根は塗装しても塗装がはがれてしまうため、葺き替えになります。また、長年経った屋根は屋根材の下の野地板が傷んでいる可能性があり、野地板を変える場合にも葺き替えないといけません。野地板が傷んでいるかどうかは職人の目で見極めます。

    屋根葺き替え
  • カバー工法 既存の屋根を残し上から蓋う「カバー工法」


    料金 : 100万円/平米

    塗り替えでも修復できない場合には、載っている屋根材の上に新しい屋根材をかぶせる「カバー工法」があります。ここではカバー工法について説明します。 カバー工法はスレートが付けられた屋根によく用いられる工法です。屋根を葺き替えるときの費用が低コストになるメリットがあります。雨漏りの原因が屋根材の下にある野地板が傷んでいるといった理由の場合、カバー工法は使えません。

    カバ-工法
  • 屋根塗装 サビや色あせを修復する「屋根塗装」


    料金 : 20万円~/100平米

    セメント瓦や化粧スレート、金属屋根は、塗料を塗って色を付けています。(一方で釉薬瓦やアスファルトシングルなどは釉薬を高温で焼き付けて着色しているので、色褪せは非常にしにくいです)色あせやサビは「屋根塗装」をすることで修復することができます。塗料は色を付ける以外に防水する効果もあり、塗り替えることで雨漏対策に効果があります。

    丸昌ハウジング会社ロゴ
  • 漆喰工事 雨漏り、瓦の割れ、災害からの危険を防止する


    料金 : 2500円~/1m

    一般的なお住まいでは瓦屋根の瓦と瓦の接着剤に「漆喰」が用いられています。漆喰は風雨や寒暖、直射日光に晒され続けているため、時間とともに劣化していき、瓦がズレてしまったり、干渉し合って割れたり・欠けたり、そこから雨水が侵入して雨漏りになったりと様々なトラブルが発生します。風や地震で落下してしまう可能性も防止するため定期的な補修が必要になります。

    漆喰工事
  • 雨どい工事 外壁内部に雨水が浸透し、腐食することを防止する


    料金 : 100万円/平米

    雨樋は、雨水の侵入で建物が腐食することを避けるという重要な役割を担っています。もしも、雨樋がなかったら雨水が屋根の軒先から外壁に直接伝わり外壁内部を腐食させます。また、屋根から雨水が直接、地面に落ち、地面に溝ができ、建物の基礎回りを不安定にさせ、ご自宅の老朽化を早めます。

    雨どい工事
サービス一覧に戻る