水戸市で外壁塗装、屋根塗装なら丸昌ハウジングへ

茨城県知事許可(般-31) 第36909号

外壁塗装をもっと身近に。

QUOカード
丸昌ハウジング会社ロゴ ペンキのショウちゃん

お問い合わせ点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お悩み・ご相談お電話ください!

0120-915-620

[お電話受付時間] 9時~18時まで受付中

↓簡単30秒でお問い合わせ↓

メールでお問い合わせ

3.11の記憶

会社ブログ

こんにちは!山本です!

今日は少し暖かいですね🌞

朝は、窓全開で音楽🎶をかけて運転してきました🚙

風がビュンビュンで気持ちよかったです(^_^)/

 

皆さん、昨日の夜の地震、大丈夫でしたか???

私はその時、家事や寝かしつけを済ませてゆっくりしていたのですが、いきなり地震速報が。

久しぶりに聞いたあのサイレン音。すぐ娘の寝ているところへ駆けつけました。

倒れるようなものは置いていないので大丈夫でしたが、3階に住んでいるので「もし崩れ落ちたらどうしよう」の気持ちが大きかったです💦

 

こういう時、ふと3.11を思い出します。

当時小学4年生でした。国語の漢字テストをしていた時。

‶恐怖”が大きくて、大体のことしか覚えていません。

みんな机の下に隠れたけど、その机すらも大きく揺れて、後ろの棚にいた金魚の水槽は落ちて割れて、ランドセルも棚からすべて落ちていました。

 

揺れがおさまって、階段を降りていくと学校の壁が割れていて、校庭に出ると地面が割れていました。

初めて見た光景で、本当に大変なことが起こったんだ、と思ったことを覚えています。

家に帰ると、お母さんと当時1歳半だった妹が外にいました。

お父さんとは連絡が取れず、車の中で待機。

夜になって、お父さんが遊びに出かけていたお兄ちゃんを拾って一緒に帰ってきました。

あの時は頭が回っていなかったけど、今思えば、みんな無事に帰ってこれて本当に本当に良かったです。

近所に給食センターで働いていたおばちゃんがいて、その方から紙コップに入った「チャーハン」をもらったのを覚えています。冷め切っていましたが、すっっっっごく美味しく感じたのもしっかり覚えています。

テレビが映るようになって、悲惨な‟現状”を知りました。

 

死者、行方不明者、津波。

 

いつだって、こんな自然災害がすぐ傍にあること。

死と隣り合わせで生きているということ。

 

普段の生活の中で考えることは本当に少ないですが、生きていることの幸せさを改めて実感しました。

 

「自然災害を無くすこと」は出来ないですが、何かあった時に備えておくこと、落ち着いて行動すること。

 

一人でも多くの命が助かることを願うばかりです。

 

3.11の日のことを胸に刻んで日々過ごしていきたいと思った、そんな日でした。

0

この記事を書いた人
山本 夏帆
ひとこと

平和

新着時期一覧に戻る
今すぐ来店予約 今すぐ来店予約 今すぐ来店予約