水戸市で外壁塗装、屋根塗装なら丸昌ハウジングへ

株式会社 丸昌ハウジング

QUOカード
丸昌ハウジング会社ロゴ ペンキのショウちゃん

お問い合わせ点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お悩み・ご相談お電話ください!

0120-915-620

[お電話受付時間] 9時~18時まで受付中

↓簡単30秒でお問い合わせ↓

メールでお問い合わせ

水戸市の外壁塗専門店が教える 見積書で必ず確認すべき重要ポイント5選

外壁塗装

外壁塗装

外壁塗装の見積書。

なかなかお目にかかるものではないですので、一体どのように見るれば良いのか心底わからないと思いますし、中でもどこに注目すべきか、なんてことになるとちんぷんかんぷんになってしまいますよね。

 

とはいえ、ボーッと見ていたらチコちゃんに叱られそうですし。

というわけでここでは、外壁塗装の見積もりについて、より注意すべき点について水戸市の外壁塗装・屋根塗装専門店、丸昌ハウジングがレクチャーしていこうと思います。

 

総額だけで判断しない

外壁塗装

外壁塗装の見積書、ついついお安い買い物ではありませんから、総額にばかり目が行ってしまいますよね。

しかし、本当に大切なのは総額ではなくて、その総額に至るまでの項目であることは言うまでもありません。

特に大切なのは「過不足ない」ことと「相場にかなっている」事。

そんなポイントをしっかりと抑えつつ、総額に至るまでの全ての項目に関してしっかりと見ていきましょう。

 

見積書で注目すべき5つのポイント

外壁塗装

では実際に具体的なポイントを見ていきましょう。

 

1.外壁塗装の見積書ポイントその① 支払い条件

まず一番はじめに確認しておくべきことは、支払い条件です。

支払い条件とは、簡単に言えばいつお金を払うのかということなのですが、基本的に一般的なのは「工事後の支払い」と「契約時と工事後の2回払い」になります。

気をつけておくべきことは、完全前払い制の業者です。

もちろん前払い制の業者のすべてが悪徳業者とはいいませんが、中には前金でお金をとっておきながら姿をくらますような詐欺を働く悪徳業者も存在します。

特に「前払いなら割引」と言った言葉には乗らないようにしましょう。

 

2.外壁塗装の見積書ポイントその② 塗装箇所

次に確認しておくべきことは、塗装箇所。

外壁塗装の契約や見積もりにおいて後々揉めるポイントでよくあるのが、思っていた場所にきちんと塗装がされていないという点。

例えば、バルコニーの床や雨戸、戸袋、ベランダの手すりなど当然塗ってもらえると思っていたところも、見積書に明記されていないという理由で追加料金になることはよくあります。

ですので、必ず細かい付帯に関しても見積書に盛り込んでもらいましょう。

もし、一つ一つ押さえるのが面倒であれば『塗らない箇所』を明記してあとすべて、という形でも構いません。

 

3.外壁塗装の見積書ポイントその③ 費用のかかる作業内容

外壁塗装と言っても、費用がかかるのは塗装だけではありません。

足場代やネットカバー代、マスキング、高圧洗浄費、シーリングなど準備や下地処理の際に使うものや作業にも当然費用はかかってきます。

もし塗装以外の作業代を抑えずに見積もりを作ってしまうと、最終的に想像以上の請求が出ることもあるのです。

ですので、必ず外壁塗装本体の費用だけでなく、すべての作業にかかるトータルの費用がきちんと記載されているかを確認しておきましょう。

突然の追加請求など、大ダメージを受けてしまうパターンをよく耳にします。

 

4.外壁塗装の見積書ポイント④ 塗料や樹脂の種類及び塗り回数

もちろん、塗料や樹脂の種類を書いてもらったところで、素人にはまったくわかりません。

しかしながら、もし後々トラブルになったときや、相見積もりをするときの比較対象を明確にするためには、塗料や樹脂の種類までしっかりと書いてもらうべきです。

具体的には『塗料のメーカー』『塗料の商品名』『樹脂の成分』『塗りの回数』『色番』ということになります。

基本的に親切な外壁塗装業者は言われなくてもこれを書いてくれる場合が多いですし、これを書いてほしいと申し出たところで敬遠されたり嫌がる業者は逆に要注意です。

間違いなく詳細に書いてもらっておきましょう。

 

5.外壁塗装の見積書ポイント⑤ 相見積もりで相場を抑えておく

基本的には、外壁塗装は言い値で決まります。

なぜなら、施主の方にその相場観が元々存在しませんから、値段を提示されても、提示金額が高いか安いかなどはわからないからです。

ですので相見積もりで相場をお抑えておき、相場に見合った金額であるかのチェックが必ず必要です。

このとき、各社バラバラに見積書を書いてもらうとはっきり言って把握しにくいですから、最初の業者などを参考にすべての見積書の書式をそろえてもらうといいでしょう。

また、最初に高額提示をしておきながら『今だけ』ですとか『前払いなら』もしくは「この場で契約するなら』と言った理由で割引を言い出す業者には要注意です。

必ず相見積もりの結果をしっかりと比べる時間をとっておきましょう。

 

 

見積書はトラブル回避の要

外壁塗装の質問

見積書は、業者さんから値段の予定を教えてもらう目的で作るだけのものではありません。

契約時や工事終了時に、業者との認識のズレからくるトラブルなどを回避するために、施主と業者の意識をすり合わせておく打ち合わせのように考えておくといいでしょう。

ですので、見積書作成の折に、わからないことは放置せずにしっかりと質問して納得すること。

実は、この「きっちりとわからないことはしつこく聞く」というのがいちばん大切なポイントだと言っても過言ではないのです。

 

水戸市の外壁塗装・屋根塗装専門店、丸昌ハウジングでは、どんなに些細な事でもご質問をお待ちしております。

お気軽にお問い合わせください。

新着時期一覧に戻る
今すぐ来店予約