水戸市で外壁塗装、屋根塗装なら丸昌ハウジングへ

茨城県知事許可(般-31) 第36909号

塗装でお客様満足度120%を目指す

QUOカード
丸昌ハウジング会社ロゴ ペンキのショウちゃん

お問い合わせ点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お悩み・ご相談お電話ください!

0120-915-620

[お電話受付時間] 9時~18時まで受付中

↓簡単30秒でお問い合わせ↓

メールでお問い合わせ

外壁を塗り替える必要性はある? 水戸市|外壁塗装 屋根塗装 丸昌ハウジング 

外壁塗装

皆さんこんにちは! 茨城県 水戸市 外壁塗装・屋根塗装・防水工事の丸昌ハウジングです(^^)

外壁を塗り替える必要性はある?

外壁を塗り替える必要性

外壁を塗り替える必要があるのは、次に示すような役目を持っているからです。

※一戸建て・マンション・アパート・工場・倉庫・店舗・社屋・事務所・ビルなど建物全般にとって塗装は大切なものです。

外壁を保護する機能 地域性にあった特別な保護が望める 景観を保つ効果 外壁の塗り替えで形成された塗膜は、

紫外線・雨風などの自然環境が発生させるダメージを、外壁が直接受けないように阻止してくれています。

外壁を守る塗膜が無くなってしまうと、外壁に直接ダメージが入り込み、建物自体の劣化を早めて長く住めない建物となってしまうため、外壁の塗り替えが必要なのです。

しかも、「鉄部がサビやすい」「ヒビ割れしやすい」といった地域特有の現象にも対応できる、独特な保護もすることが可能。

そのうえで、色を調整することにより周りの家との調和が生まれ、町並みをクリーンにしてくれる効果もあります。

外壁を塗り替えるということは、あなたのなくてはならない家を守ることと同じ事だと言えます。

外壁の塗り替え費用の相場

 

現実に外壁の塗り替えをした場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。 外壁の塗り替えにかかる費用相場をチェックしてみましょう。

  1. 普通の住宅である約30坪(外壁の面積約118.8㎡)の建物の場合は60~120万円前後。
  2. アパートなどの大き目な建物約100坪(外壁の面積約330.58㎡)の場合は150~400万円前後。

※アパートやマンションの場合は、縦に長い建物もあるため、外壁面積が増える分費用もかさみます。

外壁の塗り替えは、「塗り替えの面積」「使用する塗料の種類」これらによって費用が変わります。

実際的な費用は、実際に建物を現地調査して見積もりを出すことが必要ですが、始めのころは費用相場を知っておくことで、予算の目安がつけやすくなります。

適正な費用を出してもらうために信頼できる業者から見積りを取ろう 外壁の塗り替え費用を確かめるためには、必ず信頼できる業者に委託しないといけません。

もし悪質な業者に頼んでしまった場合はこのような状況が起きます。

  1. 適正相場よりも高い見積もり費用を出される
  2. 適正相場よりも低い見積もり費用を出される

外壁の塗り替え費用は、適正相場より高くても低くてもNGです。

適正相場よりも「高い」「低い」見積もりを塗装業者が出してきた場合、嘘をつかれている・詐欺に合っているかもしれません。

適正相場よりも高い見積もり費用を出された場合

  1. 塗り替え面積を余分に計算
  2. 必要のない項目が追加されている
  3. 必要のないランクの高い塗料が使用されている

費用が高いということには、必然的に何かしらの理由が存在してることになります。 なぜ高いのか、根拠のある説明ができない業者へ頼んでしまわないようにしなくてはいけません。

適正相場よりも低い見積もり費用を出された場合

絶対必要な塗り替えの項目が省かれている 塗り替え期間が短く設定されている※塗り替えには決まった期間が存在しています。

技術のない職人(新人・アルバイト)が割りあてられている 費用が低いということには、何れもが何かしらの理由が存在しているはずです。

なぜ低いのか、根拠のある説明がきちんとできない業者へ頼んでしまわないようにしなくてはいけません。

外壁を塗り替える工程と期間

外壁の塗り替え工程には、決められたルールが在ります。 例えば、

  1. どのような順番で進めるのか
  2. 塗料の乾燥はどのくらい必要なのか

こういった基本的なルールを守った上でないと、良い塗り替えはできません。

 良い塗り替えが行えるように、塗り替え工程のルールを覚えていきましょう。

外壁の塗り替え工程と期間

工程 期間
ご挨拶・塗り替え準備 1日目
足場の設置 2日目
塗り替え前の洗浄 3日目
下地処理 4日目
塗り替え前の養生 5日目
塗り替え1:下塗り 6日目
塗り替え2:中塗り 7日目
塗り替え3:上塗り 8日目
点検と手直し 9日目
片づけと足場の解体・撤去 10日目

このように、新しく手順を踏んで塗り替えが行われていきます。

どの工程も欠いては困るもので、一例として塗り替え前の洗浄をしない・すぐに済ますといったことが起きると、

塗り替え面がきれいでないため、塗料を塗り替え時にきちんと密着せず、瞬時に剥がれる塗装となってしまいます。

個々の工程をきちんとみっちり行うことで、外壁の塗り替えを成功させることが可能となることを覚えておきましょう。

もし雨が降ったらどうなる?

外壁の塗り替え中に雨が降ってしまった場合、塗料の乾燥が遅れたり外壁面が塗れているため塗り替えができない状態になったりします。

こんな状況ではすぐに塗装ができませんが、悪徳な業者の場合、気にせずそのまま作業を続けて一分でも早く塗り替えを完了させようとします。

そもそも雨が降ったら「塗り替えは中止」ということを覚えておきましょう。

外壁を塗り替える工法

外壁の塗り替えには最たる3つの方法が使われます。

刷毛(ハケ)での塗り替え ローラーでの塗り替え 吹き付けでの塗り替え 工法ひとつひとつにメリット・デメリットがあります。

刷毛は細かい部分を塗り替えるのに便利ですが、大きな面を塗り替えるのには時間がかかり不便です。

ローラーは大きな面を塗り替えるのに役に立ちますが、細かい部分の塗り替えには不便。

吹き付けは大きな面や模様付けをするのに便利ですが、塗料の飛び散りで汚れる可能性があったりと、ひとつひとつメリット・デメリットがあります。

状況によって使い分けをすることで、ピカピカの塗り替えができるようになります。

道具の手入れがきちとされている業者をチョイスしよう 道具の良し悪しでも、キレイな塗り替えになるのか、汚い塗り替えになるのかが決定されるのです。

悪質な業者やレベルの低い塗装業者に頼んでしまうと、道具の手入れもできないため、細かい部分にも気づかないおおざっぱな塗装になることがあり得ます。

道具の手入れはそのまま塗り替えの丁寧さにも結びつくので、道具の手入れをきちんとできる、優良業者に外壁の塗り替えをお願いしましょう。

外壁を塗り替える塗料の種類

外壁を塗り替えるための塗料には、多彩な種類があります。 次にあげる塗料一覧表を見てみましょう。

塗料の種類 耐久度 特徴
アクリル系塗料 4~7年 耐用年数が短いため、すぐに塗り替えが発生する。しかし、費用も安いため以前はよく使われていた。
ウレタン系塗料 6~10年 耐久度も安定しているし比較的費用も安い。また、鉄部やさまざまな部分で使えるため、使われやすい。
シリコン系塗料 8~15年 耐久度があるのに費用もそこまで高くない。現在種類となっている人気の塗料。
光触媒塗料 10~15年 セルフクリーンと呼ばれる、自然の力を使って外壁面をキレイにしてくれる特殊な機能を持ち合わせている。
フッ素系塗料 15~20年 耐久度がとても高いがその分費用が高くなる。商業施設やビルなど大型の建物で使用されることが多い。
遮熱系塗料 15~20年 熱を反射してくれる効果があり、夏場の暑さを軽減してくれる。自治体によっては、遮熱系の塗料を使うと補助金を出してくれるところもある。

こういったふうに、外壁の塗り替え塗料によって特徴があり、あなたが希望する塗装にできる最適な塗料を選ぶことが求められます。

塗料の特徴だけでなく、あなたが暮らす地域の特色にも合わせて塗料を決めないといけないので、地元密着で地域特性を知りつくしている安心できる業者に塗り替えをお願いしましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 屋根のリフォームに利用できる補助金とは? 屋根のリフォームに利用できる補助金は、大概居住している地域の市町村から支給されています。市町村によってルールは異なるのですが、全体的な補助金の傾向などをこちらのページではご紹介していきます。

リフォームに使える補助金・減税制度

リフォームの補助金とは、国や自治体による、バリアフリー性能や省エネ性能、耐震性能の向上などといったリフォームについての補助制度になります。

利用できるリフォームの種類は、

・太陽光発電システムの設置

・LED照明の設置

・断熱改修に関連する工事

・省エネ性がよく効果的な給湯機器の設置

・耐震診断や耐震補強工事       などです。

自治体によって、補助金の利用できるリフォームの種類は違いがあります。

リフォーム減税

リフォームには補助金以外にも、所得税の控除や固定資産税の軽減などの減税の支援もとり行われています。

これについては、確定申告や必要書類の提出による申告が条件となっています。

リフォーム減税については、自己資金(一括払い)によるリフォームでは、最大で20万円から25万円程度が所得税から控除されることになります。

また、ローンを組んだ場合でも、5年間で合計最大60万円程度が控除されることもあります。

そのほか、固定資産税の軽減によって、1年間に限り2分の1から3分の1程度に減額されることもあります。

リフォーム減税については、年度によって内容が変わることが想定されます。

利用を検討する際には、必須条件として最新の情報を確認するように留意してください。

名称 ?詳細 金額
住宅ローン減税 住宅ローンを使用した要件を満たす増改築工事等の住宅ローンについて、住宅ローンの年末残高の1%が10年間にわたって所得税額から控除されるもの。 最大控除額:400万円控除期間 :10年 住民税控除:控除しきれない額は住民税から控除されます。 最高13.65万円 条件:合計所得金額が3000万円以下であり、工事費100万円超えであること。
投資型(自己資金)減税 投資型減税

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は、水戸市の丸昌ハウジングまで、是非一度 ご相談ください(*^^*)

  1. 丸昌ハウジングショールームのご案内

ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など、
皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。

  1. ご相談・お見積りは丸昌ハウジングまで!

不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。
丸昌ハウジングではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。

  1. 丸昌ハウジングの塗装ラインナップ☆彡

「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。

  1. 丸昌ハウジングの施工事例♫

「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」
そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!

 

※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも!?

 

株式会社 丸昌ハウジング

住所:〒310-0853 水戸市平須町158-51

営業時間:9:00~18:00

電話番号:0120-915-620

FAX:029-246-5459

お電話でのお問い合わせ、ショールームへのご来店お待ちしております

新着時期一覧に戻る
今すぐ来店予約 今すぐ来店予約 今すぐ来店予約