丸昌ハウジングの施工実績 水戸市 K様邸
外壁塗装工事

BEFORE

AFTER

工事基本情報

施工内容
外壁塗装
使用塗料
外壁:
  • 1F キシラデコール
  • 2F 水系ファインコートフッ素
色番号
外壁:19-90A
   べんがら

足場組立

塗装工事を行うにあたり必ず必要なのは足場組立です。

高所での作業になる為、落下しないよう十分に気を付けて作業をします。

養生

サッシやご自宅周りを汚さないよう、養生していきます。

この作業を怠ると、塗装終了後の清掃がとても大変です!

クラック補修

地震の影響などで割れてしまった部分(クラック)は、下地処理を行います。

クラックの厚みによって処理の方法は様々ですが、基本的にはシーリング材などで補修をしていきます。

外壁塗装下塗り(モルタル)

モルタルの場合、下塗り材としてフィラー、サーフェーサー、シーラー等を劣化具合に合わせて塗布します。

外壁と中・上塗り塗料の密着性を高めるためにとても重要な工程です。

外壁塗装中塗り(モルタル)

モルタルは他の外壁材と比べて塗料の吸い込みが激しい為、塗布量は多めにします。

できるだけムラにならないように均一に塗装をしていきます。

外壁塗装上塗り(モルタル)

外壁塗装の最後の工程です。

上塗りも塗布量を多めにし、ムラのないように最終の仕上げをしていきます。

木部塗装

傷みが酷い場合は、下塗り材や専用プライマー、錆止めを入れ3工程で塗装を仕上げていきます。ムラや透けが出来ないよう、ゆっくり丁寧に塗装をします。

軒天塗装

軒天は紫外線や雨風が直接当たらない為、一番傷みにくい箇所です。ただし、劣化しないわけではなくカビや雨染みが発生しやすい箇所でもあるので基本的には同じタイミングで塗装をしていきます。

雨樋塗装

経年劣化によって色褪せや塗膜剥離が生じているので、綺麗に塗装をしていきます。

基本的には2回塗りですが、劣化が酷く仕上がりきらない場合は3回塗装をします。

帯塗装

基本的に2回塗りで仕上げていきます。

多くの御自宅は1階部分と2階部分の境界にあり、アクセントとなる部分なので透けのないよう丁寧に塗装をしていきます。

水切り塗装

あまり目につかない部分ですが、「お洒落は足元から」というように細かな部分もしっかり塗装していきます。基本的に工事終盤に行う作業なので外壁に塗料が付かないよう集中して塗装をします。

ウッドデッキ塗装

紫外線や、雨風の影響で劣化が進んでいる為、木部専用塗料で塗装をしていきます。

塗装をかけることで耐候性が強くなり長持ちさせることができます。

その他の施工実績

検索条件